からだでかえします

唇にヘルペスができました

抵抗力が弱るとすぐにできます

上唇の腫れ具合が、実は悪くないと密かに思っている

そんな話はさておきまして

健康といえば健康な私、しかしいつも身体の何処か何か問題アリ

首と腰はヘルニアだし、肩はインピンジメント症候群

腕は首から来る痺れがたまにあるし、足は腰の影響で座骨神経痛が雨降りには堪える

外反母趾は手術してなお、現在も順調に変形が進行中(草履から確実にはみ出します)

子供の頃から身体はシニア仕様

 

今回は算命学の観点から観た考察をしてみたいと思います

算命学では先祖、家系の流れから受ける影響が宿命に出る場合があります

「三業干支」といって先祖代々の行いが反映される「業」の深い因縁が

20種類ほどあり、そのうちの「傷体の業」というものを私は2つも持っています

傷体の業とは、怪我や身体を傷つけられる宿命・・・とあります

何だかドMっぽい笑

 

そして身体にひどく傷を負うほどに運気があがる、とされています

一体どうすりゃいいのでしょう・・・笑

 

こんな場合3、4代前に不慮の死を遂げた先祖がいる場合があります

算命学を知った頃、驚いたのですが調べてみたらやはりそんなご先祖さまがいたようです

身体の痛みを引き受けることでひとつずつ

無念の想いとか家系の業が消化されるのかな、と解釈しています

親の借金返済のため遊郭で満期あけを夢見る・・・的な

いかん・・・悲しすぎる! 表現がよろしくないですね

いずれにしてもどこかで帳尻があう様うまいこと出来ているのだなあと思うのです