数字とDNAの不思議 2

前回、周波数音楽のお話にふれまして

数字の羅列がDNAの塩基配列に似ているな、と思ったところで

私も数秘学を学んでいる者のはしくれ

数字を足さずにはいられない・・・

で、やってみました

174Hz 1+7+4=12 → 1+2=
285Hz 2+8+5=15 → 1+5=
396Hz 3+9+6=18 → 1+8=
417Hz 4+1+7=12 → 1+2=
528Hz 5+2+8=15 → 1+5=
639Hz 6+3+9=18 → 1+8=
741Hz 7+4+1=12 → 1+2=
852Hz 8+5+2=15 → 1+5=
963Hz 9+6+3=18 → 1+8=

 

わー! なんと!

3と6と9のリズムを繰り返してる

しかも3+6は9になるし

9+9はやっぱり9になる

9は不思議な数字・・・

 

そういえば!

音と関係があるかどうかわかりませんが

「音=流れるもの」と勝手に解釈して

「時間の流れ」は3の倍数(3・6・9)につながと聞いたことがあります

1日  →24時間(3の倍数)

1時間 →60分(3の倍数)

1分  →60秒(3の倍数)

 

じゃあ1日は何秒になるのかな?

60(秒)×60(分)×24(時間)=86,400(秒)

足してみる → 8+6+4=18→1+8=9

やっぱり9!

 

そもそも時間の概念は宇宙に存在するとかしないとか・・・

難しいお話は専門の方にお願いするとして

数秘の世界ではは全てを「内包」する数字

すなわち「宇宙」を表す数字でもあります

「宇宙」を表す数字と「DNA」

なんだかこれは密接な関係がある・・・ような気がする

というよりDNA(私たちの存在)が宇宙そのものなのかもしれません

・・・うーん 難しいのでもう寝ます