神聖幾何学 気持ちいいかたち

モンドリアン

エミリオ・プッチ

フランクロイドライト

幾何学模様は無条件に心が躍る♪

 

まる、さんかく、しかく・・・

図形と図形が組み合わさると

リズムが生まれて、音楽がきこえてくるみたい

 

お洒落で可愛く

見ていて楽しい

幾何学模様がだいすき!

 

幾何学というワードに惹かれて「神聖幾何学」の勉強会へ♪

 

綿棒で4つのエレメントの立体を見て、つくって

かたちが持つ法則性、波動のようなものを感じながら

「目に見えないものの流れ」を体感していくワーク

 

でもこの見えないもの、実は私たちが様々な場面で見てるもの

 

これどこかで見たことがある・・・

などと思っていたら

参加者のお一人が持っていらしたパン屋さんの袋に

このパターンの幾何学模様がプリントされていました・・・

なんという偶然!笑 不思議なシンクロ

 

綿棒の先と先をくっつけて、2次元から3次元へ

1 ひ(火)→ 正4面体

2 ふ(風)→ 正8面体

3 み(土・水)→ 正9面体・正20面体

これらの立体が組み合わって

角度を変えると、見える文様が幾通りにも変化します

 

かたちがもつエネルギー

「可愛い」「すき」「美しい」「飽きない」って感じる感覚は

確実にそのかたちが発するエネルギーだったのですね

 

平面から立体へ

一定のパターンを繰り返して無限に広がっていく図形の宇宙

反復するリズム、気持ちよくてずっと聞いていたくなる音楽に似ている

そんな感じ

 

ところでひふみよ(1234)って読み方

日本語の語呂合わせと数字って、何だか不思議としっくりくる

電話番号とかね、車のナンバーとかね、よくつかってるよね

でもこれって日本語にしかない語感

(1129 いい肉 とか)

 

数秘術は「カバラ」というユダヤの神秘思想がベースになっていますが

このカバラは難解すぎるため

わかりやすく、現代風にアレンジしたものが現代の数秘術

 

そして

森羅万象を「陰と陽」によって説く日本の陰陽道

この陰陽道にも陰と陽があって

表の陰陽道を「迦波羅(かばら)」

裏の陰陽道を「漢波羅(かんばら)」と呼んでいたとか・・・

 

え(;・∀・)!

カバラ、かんばら???

日本とユダヤって・・・?

そう!実は

日本人の40%近い人々が、ユダヤ人(または古代イスラエル人)と

密接な関係のあることがDNA調査によって判明しています

 

古代ユダヤ人は3度に渡り、日本列島に渡来したと言われていて

日本古来のアニミズム(八百神信仰)とを融合させ

神道に強い影響を与えたと考えられています

 

つまり日本人のルーツ=ユダヤ人と考えられていて

だから数字の語呂合わせ、語感がしっくりくるのはそのせいかも

だから私も、無条件に数秘に惹かれるのかも

 

このワークに来たのにはやっぱり意味があって

ここに「呼ばれた」のだと思います

ほらね

やっぱり数字の世界、宇宙の法則とつながっていた!

知りたかったことが、急に目の前に現れた感じです

 

好きなこと、気になること

ビビッときたら、その感覚こそが絶対に大事

魂が嬉しい、と思うことが、そこにあるから

 

点と点が線になり、そこから無限の広がりを展開し

バラバラに思えた事が実は全てつながって

ひとつになっていくという感覚

 

そしてまた

意識を変えると、広がる世界も変わっていく

 

間違いに気づいたら、古い思い込みはさっさと捨てて

いつだって新しい自分でいよう

 

かたちは見えるものと、見えないけれど存在するものがあり

角度を変えれば見えてくる

見えないものを感じ取ることこそ本来の本能

 

目の前に起きることは無駄なく全て

自分という宇宙のなかで融合してひとつとなり

いつか集合意識という大きな宇宙に還る

そんな確認をしに、このワークに参加したのだと思います