なんだか惹かれる、の正体は

以前、家柄の大変良い男性がこんなことを言いました

「 僕はまあ結構なお坊っちゃまでしょ だから時々

何処の馬の骨かわからないような女性に滅茶苦茶にされたいって思うんだよね 」

・・・滅茶苦茶にされるってくだりは、どうでもいいとして

あと、馬の骨って・・・言い方!笑

ぼっちゃんだから仕方ないのかしらん

 

それってあれでしょ

細胞レベルのなんとかってやつでしょ

 

自分にとってベストな遺伝子とは

自分から一番遠い遺伝子 という事実、皆さん既にご存知ですよね

免疫にも強くて、生存に有利!

つまり、ご自身にない要素を持った異性を細胞レベルで無意識に惹かれるってことですね

 

余談ですが、女性は月のものがやってくると無意識に

いつもとは違ったテリトリーに足を運びやすい傾向にあるのですって

これは何を意味するかといいますと

「漁場を変えている」

より良い遺伝子を、無意識が求めているということ

そしてホルモンバランスの作用で恋に落ちやすい

恋に落ちやすいってことは

うっかりだめんずに恋してしまう可能性も、なきにしもあらずですが・・・

 

しかし

人間の無意識とはあれこれ考えるより、意外に頼りになるもので

「なんだか気になる」「ビビっときた」っていう感覚は案外ハズれないものです

 

これは算命学でいうと 千合法 といいますが

まさに自分とは全く質の違う相手が最良のお相手、だったりします

算命学ではヒトのタイプが5種(木火土金水)、さらに各種プラスとマイナスがあります

これで10種類のタイプが存在しますね

この中から2つずつペアになる組み合わせが5つ決まっていて

これがハートの相性ベストパートナー(ボディversionはまた別にあります)

実はこの組み合わせ、実は相剋(そうこく)の関係と言って

本来ならば敵同士みたいな関係

お互いに異質だからこそ惹かれあうのかもしれません

更にこの組み合わせ、自分自身が変化し異質のものになるという現象も起きるのです

 

自分によって相手が変わるなんて素敵

たまには自分が変えられるのも悪くない

なんだかロマンチックではありませんか? これを「千合する」って言います

(中には絶対に変わらない、という強ーい種類もあります)

 

前出のお坊ちゃまは自分自身を変えられちゃうような何かが・・・

・・・あったのかしらね